Access Control
アクセス制御 アクセス制限?
一部のケースで、ネットワークの中に特定のクライアントを制限する必要があります。この機能は、全体のセットワークに適応し、すぐクライアンに有効にします。

Blocked List制限リスト

Configure > Access Control から画面にアクセスしましょう。
要件に応じて、現在のネットワークもしくはSSIDベースでクライアンを制限します。制限されたクライアントを追加したSSID > Access ControlとManage > Clientsの2箇所に制限リストが表示されます。簡単に一つのリストすべての制限されたクライアントを管理することができます。リストの制限が1000台のクライアントであることにご注意ください。
クライアントを制限する方法
  1. 1.
    右上の隅に追加をクリックしてください。
2. MACアドレスを入力し、Scope(ネットワーク全体もしくはSSIDベース)を選択し、Applyをクリックください。

How to Unblock clients 制限の解除について

1. リストにクライアントを選択します
2. 解除をクリックします。

VIPリスト

クライアントは、ディスプレーのない無線ザーバー/プリンター/スキャナーで可能です。この場合、これらのクライアントがVIPリストに追加されると、キャピティブポータルを回避します。
要件に応じて、現在のネットワークもしくはSSIDベースでVIPクライアントを追加します。SSID > Access Control and Manage > Clients にVIPクライアントを追加すると、VIPリストが表示されます。単一のリストで全体のVIPクライアントを管理します。ただし、最大のクライアントは50台まで。

利用方法

1.右上隅にAddをクリックします。
2. MACアドレスを入力し、Scope(今のネットワークもしくはSSIDベース)を選択し、Applyをクリックします。

VIPクライアントの削除

1. リストからクライアントを選択します。
2. Deleteをクリックします。
If L2 isolation is enabled, the whitelist clients will be excluded, which means clients under the subnet can access this client even L2 isolation is on (Only wired client can take effect )L2 isolationは有効になると、ホワイトリストクライアントが排除されます。要するに、L2 isolationが有効になっても、このサブネットの下にあるクライアントはホワイトリストクライアントにもアクセスすることができます。(ワイヤクライアントのみが効きます)
If NAT mode, no whitelist client will be allowed. That means Under NAT mode, “client isolation” will be enabled automatically NATモードの場合、ホワイトリストクライアントが許可されません。いわゆるNATモードに、client isolationが自動に有効になります。
最終更新 10d ago